「こっとい」の由来 (※諸説あり)

こんにちは 中野です

 

昨日、5月の爽やかな風が舞う中、300箱の稲の苗箱づくりをやりました 動きの悪い助っ人ではありましたが笑💦 幼馴染みとの会話の中で、「ウチは4回に分けて1000箱つくるよ。」と聞いて、 300箱でへばっている自分が恥ずかしくなりました~。

その晩は、 先日ご紹介した “一の俣温泉に入った気分になれる「一の俣の湯」 にゆっくりと浸かって、疲れた身体を労わりました~

Processed with MOLDIV

 

*******

ゴールデンウィークのような長期連休になりますと、「初めて下関に来ましたという県外のお客様がたくさんいらっしゃいます。

そうすると、中には、“この疑問を解決せねば次へ行かれない” といった感じのお客様が必ず何名か情報コーナーへいらっしゃるんです。

 

特牛って、

なんで「こっとい」と読む

んですか?

 

開業まもなくの頃からすっかり道の駅の名物となった、特牛のイカの形をしたお饅頭こっとい焼き」

店主さんは、これまで何百回という数ほど「こっとい」と読む由来を説明されてきたそうです 

Processed with MOLDIV

 

道の駅から車でわずか2分 「下関市地方卸売市場 特牛市場」

Processed with MOLDIV

 

傾向として、「とくぎゅう」と読む方が一番多い  です。

今でもたま~に「角島」を「かどしま」と読まれる方がいらっしゃいますが、それに比べると「特牛」のほうは、まだまだ相当な数の方が誤って「とくぎゅう」と 認識されているようです。

 

① 「特牛」には 港がありますが、この「港」を型取る入江のことを「琴江=コトエ」とも呼ぶこと

② 「特牛」の周辺が 古い時代から和牛の牧畜が盛んな地域で、「牡牛」を「コテイ」と呼んでいたこと

③ 重い荷物を背負って運ぶ強靭な牡牛を「こといの牛」「こって牛」などと呼んでいたこと

諸説ありますが、 これらの語呂が変化して「特牛」「こっとい」と読むようになったといわれています。

 

情報コーナーには、 上記のように「特牛=こっとい」の由来についての 簡単な説明書きをご用意しております ♪  ぜひ!お持ち帰りになって、 今度は 逆に『 特牛って何て読むか、わかる?』と 聞いてみたりしてください笑

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です