寒さに負けない身体へ

みなさま、こんにちは白石です。

本日11月10日はヒートテックの日です。

株式会社ユニクロが制定。身体から出る水蒸気を熱に換えるテクノロジーで、薄くて暖かい機能性インナー「ヒートテック」。世界中の冬のファッションを変えたLifeWearを代表するアイテムの「ヒートテック」で、寒い冬を暖かく過ごしてもらいたいとの同社の思いが込められています。日付は本格的な冬の寒さに備える時期で、11と10で「ヒー(11)ト(10)」の語呂合わせから。

というこで、今回は体が温まる食べ物を紹介したいと思います。

生姜です。

生姜は体を温める効果を持ちます。血流を促進させるだけでなく脂肪燃焼にも効果があるので、ダイエットにもおすすめです。そのほか、風邪のひきはじめや風邪対策にも有効です。

ねぎです。

ねぎには辛味成分が含まれており、血行を促進させて体を温めたり発刊を促したりする働きがあります。そのため、体を温める対策として食べるのがおすすめです。さらにねぎに含まれるビタミンCには、鉄分の吸収を促す作用もあり、それも体を温めることに役立ちます。

鯖缶です。

鯖にはDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれており、血液をサラサラにして血流を促進する効果を持っています。その働きが体を温めることにつながります。鯖を焼いたり煮たりして食べるのもよいですが、鯖缶でも十分効果的です。

うどんです。

風邪をひいた時には、味噌煮込みうどんがおすすめです。牛肉や豚肉に加え味噌や醤油も含まれているので、体が芯から温まります。好みでネギを一緒に煮込むと、より体が温まる一品となります。

興味のある方はいかがでしょうか。